ブログ

「目的」と「目標」の違い

 

 

今日はなかなか含蓄のあるタイトルにしてみました。

 

 

 

「目的」「目標」の違い

 

 

 

どうですか?わかりますか?

 

 

 

ドライブを例にしてみましょう。

カーナビに目的地(ゴール)を設定してドライブが始まります。

 

 

カーナビの指示は「300m先ガソリンスタンドを右折」とか

目印(目標)をガイドします。

 

 

その目印(目標)に到達したら

次の目印(目標)が案内されます

 

 

その繰り返しで目的地(ゴール)に到着します。

 

 

さあどうでしょうか

イメージはつきましたか?

 

 

 

「目的」とは目指す「ゴール」

「目標」とはそのゴールに向かうための「目印」です。

 

 

実は我々の生活には様々なシーンで「目的」「目標」が存在しています。

 

しかし

意外と

この「目的」「目標」の意味を理解してなかったりします。

 

 

 

私は仕事柄

「膝の痛みを取りたい」とか

「体重を5kgやせたい」とか

「ゴルフの飛距離を伸ばしたい」とか

様々な要望を受けます。

 

 

このような要望は

お客様があきま操整体に通う「目的」です。

 

 

その目的(ゴール)を達成するには

闇雲に努力を重ねても目的(ゴール)には到達できません。

(1km離れた場所から目をつぶったまま歩いても自宅には帰れませんよね)

 

だからこそ

明確な目標(目印)を設定し

まずはその目標(目印)まで進む努力が必要です。

 

一つの目標(目印)に到達したら

次の目標(目印)を設定し...

この作業が繰り返され

次第に

目的(ゴール)に近づきます。

 

 

「痛みを取りたい」「やせたい」「飛ばしたい」

考え方は一緒です。

 

 

大切なことは

的確に目標(目印)を設定して

お客様と共有する事。

 

 

この「共有」が抜けてしまうと

独りよがりの施術家やトレーナーになってしまいます。

 

 

「目的(ゴール)を達成するためには先ずはこの目標(目印)を目指しましょう」

「その為には今はコレをやりましょう」

 

 

 

 

お客様と共有することで

両者が納得しあえたところから始まります。

 

 

パーソナルトレーニングでも

整体でも

成功するための秘訣は

 

 

情報の共有

正確な方向性

適切な努力

 

 

だと思います。

 

 

 

とても大切なことなので意識して生活してみてください。

 

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

今日も素晴らしい一日をお過ごしくださいませ。