ブログ

ストレッチの習慣化の極意☆彡

 

 

こんにちは。

あきま操整体の秋間です。

ゴールデンウィーク以降気候が安定しませんね。

お陰で体調が今一つの方が多いように思います。

気温差も10℃程ありそうなので体調管理にお気をつけくださいね。

さて

先日お越しになられたお客様の話を一つ...

その方は近所にお住まいの70代女性です。

つい2ヶ月程前に始めてお越しになられ、それ以降毎週通われています。

ご利用の目的は腰痛の解消と、姿勢の補正、それと身体機能の改善です。

毎日立ち仕事をしていると腰が痛くなり、姿勢も崩れて背中や方が丸くなるそうで、その状態で動くとスムーズに動けないことが悩みだそうです。

私が見る限り筋肉や関節に長年負担を掛けたことでかなりの緊張がありました。

その緊張を解除することが全ての始まりかと思い、毎回コツコツと緊張の解除を中心に取り組んでいました。

その甲斐もあり、緊張の度合いも減り、回を重ねる度に姿勢の変化も現れております。

本人曰く、『周りの人から肩の丸まり(巻き肩)が減った』と言われるようになったそうです。

私としては「ここまでは順調かな」と思っています。

ではこれからどうするか?

大切なことはここです。

施術を継続したことで次第に緊張が緩和して、結果姿勢が変わってきました。

本人も(周りの人も)それに気がつき始めており意欲があります。

もしかしたら同じ内容(施術)を受けることを求め始めているかもしれません。

お客様の要望に応えるなら、同じ内容(施術)を繰り返す事が正解かもしれません。

しかしそれでは現在の状況までの成果しかありません。

その方は、初回のカウンセリングで身体機能の改善も目的に挙げていました。

だからこそ一定の効果が挙がった段階で、顧客満足度を維持すことではなく

本来の目的に向けて進むことが、後に生まれてくる顧客満足度に繋がるかと思います。

そんな訳で、その次は身体機能の改善を目指したいと思っています。

(ここを取り組まないとただほぐすだけのお店になってしまいますしね)

その方にとっての第二ステージの始まりです。

この方の第二ステージは、ズバリ「ストレッチの習慣化」です。

簡単そうで難しい課題です。

どこの治療院でも「○○のストレッチをよくやっておいてくださいね~」と指導をしていると思いますが

そんな口約束みたいなレベルで本当に習慣化できますか?

私も開業当初はそうしていました。

しかしほとんどの方が実施してくれません。

それはなぜか?

答えは簡単です。

単に「面倒くさい」からです。

こうした顧客心理に気がついている治療化やトレーナーも多いはずです。

分かっているけど上手く指導できない...

こんな状態でしょうか。

私も長年こうした矛盾を感じていました。

せっかく施術をして状況を良くしているのに

日常生活で元に戻してしまっては前には進まない

だからこそ日々のストレッチを習慣化させたい

でも習慣には至らない...

こんな感じですね。

こうした悶々とした感覚を打破するには

顧客心理を知るしかありません。

数年前に、ストレッチを習慣化できない客さんの心理状態をよ~く観察しました。

すると皆さん同じ思考だということに気がつきました。

それならその思考を織り込み済みでストレッチプログラムを作成し指導すれば習慣化するだろう...と思い、一つの指導方法を作ってみました。

その方法を用いて指導すると予想通り、習慣化できるようになった人が増え始め大半の方が成功しました。

話がそれました(^_^;)

冒頭のお客様の第二ステージにストレッチの習慣化を達成するために、その指導方法を用いて前回指導致しました。

(本人もこうした経験は初めてだったようで驚いていました笑)

さあ次回

その方がこの一週間どのように過ごしていたか?

ここが楽しみです(笑)

ちなみに達成率が高いことがベストではありません。

そこは評価しません。

それはなぜか...

指導した日から毎日真面目に実施した方の多くは、後々継続率が下がる傾向なので...

また続きを書きます(o^^o)♪