042-770-6340

この仕事をしていると、時折新規のお客さんから「これで終わり?」と言われる事が有ります。

 

これにはどんな想いが込められているか、施術家側も知っておく必要が有ります。

 

推測するに

 

〇もっと(長い時間)やって

〇まだ痛いんだけど

〇この値段とるんだから

 

こんな感じだと思います。

 

正直言いますと、昔はこういう人を診るのが嫌でした。

 

(「あなたの施術には価格設定程の価値が無い」と言われているようで)

 

そんな私も現在は何とも思わなくなりました。

 

何故なら、「今日できる事はここ迄だから」という気持ちになれたからです。

 

自分の能力が分からない人がお客様に「これで終わり?」と言われてしまうと、お客様の言いなりになってしまいます。

 

すると(上記のような)お客様の心を満たす施術をしてしまいます。

 

これをやってしまうと、それ以降そのお客様を診る時にいつも顔色を伺わなければならなくなります。

 

それって施術家の本意ではありません。

 

(リラクゼーション系の先生は別として)

 

自分の能力が分かっていれば、今日出来る事が分かる筈です。

 

大切な事は、それをどう伝えるかです。

 

自信を持って「今日出来る事はここ迄です」と言うには根拠が必要です。

 

(それを言葉で伝えてはいけません、言葉で伝えようとすると「説得させられている」ように感じてしまいますから)

 

言葉では無く、感じて貰うのです。

 

それが術前と術後にしている「検査」です。

 

その検査の施術前後の変化が根拠となります。

 

ですから...

 

「さっき検査した〇〇が良くなっているので、今日はこれで大丈夫ですよ」

 

と自信を持って言えるのです。

 

(これを怠っているからお客様に「これで終わり?」と言われてしまうのです)

 

施術前後の検査の共有が有るか無いかで、お客様に「納得」して貰え「信頼」されるのだと思います(微笑)